今FXが熱い

民主党から政権与党が自民党に移ったことで、市場は大きく反応を示し、今株価はどんどんあがってきています。先日、知人がこう言いました。「株価が値を上げているのは知っているけれど、いまさら株を買ったって、高値づかみになるだけだろう?」この言葉が正しいかどうかは神のみぞ知ることです。もしかしたら、このままもっともっと株価は上昇し続けるかもしれませんし、今が天井相場なのかもしれません。そんな知人に対して私はこうアドバイスをしました。「大きなウェーブを期待しているなら、株よりもFXの方がいいんじゃないかい?」なぜ、このような発言をしたのかと言いますと、FXというのは、値動きが大きい時ほどチャンスが広がるからです。

例えば1ドル100円の時に円を買うポジションを取ったとします。ある日は円が1ドル99円から101円のあいだを動きました。またある日は、円が1ドル95円から105円のあいだを動きました。ちなみに、1日でここまで値が動くことは、ほとんどありません。1円動いただけでも大きく動いたなと感じる時期もあるほどですが、ここではわかりやすく説明するために、あえて少し大袈裟な相場で説明しています。さて、話を戻しますが、99円から101円のあいだを上下している日に101円で売り抜けることができれば差益の1円にレバレッジ分を勘案した投資金額を儲けとして受け取ることができます。逆に99円の時に決済をすると同じだけ「損」をすることになります。円相場が95円から105円までの間を動いた日に105円で決済をおこなうと、101円の時よりもずっと大きな金額の利益を得ることができるのです。

もちろん、逆もまた然りです。このように現在のように相場に動きがある時期は大きく儲けるチャンスでもあります。同時に損失も大きくなる可能性があるので、十分な勉強が必要でもあります。FXを勧める理由の1つとして、「買いポジション」からでも「売りポジション」からでも参入できるという点が挙げられます。このままアベノミクスが功を奏して、円安傾向に向き続けると思う人は円を買えばいいですし、逆に今が天井でこれからは円高に逆戻りすると思う人は円の「売りポジション」を取ればいいのです。自分が考える通りの方向に動けば、どんな経済危機の時にでも儲けるチャンスが転がっています。そういう意味でも、私は株や金取引よりも、FXがチャンスがたくさんあるような気がしています。最後に投資は自己責任です。しっかりと知識をもって実践されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*